熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  動物だよりvol.452小春日和の草食獣エリア

飼育ブログ

動物だよりvol.452小春日和の草食獣エリア

2018年3月6日(火)

平成30年3月6日(火)晴れ

 

熊本地震発生から692日。

 

本日は、ぽかぽか陽気。

 

シフゾウのチョッパーも、だいぶ冬毛がはえかわってきました。

 

 8

 

いつもどおり、あいさつをかわして(においをかいでもらう)

角をさわらせてもらいます。

9

 

あたたかい犬のおなかをさわっているような感触です(^^)

年齢的には、7、8歳くらいの雑種犬のあの手触り。

飼われているかたは、ああ、となるかもしれません。

0

 

頭よりもすっかり角が大きくなっています。

1

上から見ると、こんな感じ。


3

 

まだ表面は皮膚なので、細かい毛がびっしり生えています。

 

背中のラインも、夏に向けて濃くなってきました。

5

もともと、自然界では中国の湿地帯でくらしており

それに適した長い蹄となったという説があります。

7

できる限り、現地に近い環境をと、当園では湿地帯部分をつくっており

9

 

当園のシフゾウたちも、このあたりを好んで入っていきます。

0

 

お隣のアリサは、寝ていました。

チョッパーのお隣で、目をしぱしぱ。

1

 

ごめんごめん、起こしたね。

2

 

チョッパーの母、メイもぽや~っと春の陽気に包まれていました。

5

 

シロダマジカのファロー。

6

 

ときどき工事車両を見にいっては

7

 

戻ってきて、ゆったり散歩を繰り返していました。

8

ラマのポコとマーチ。

0

 

黒のマーチ、夏場は暑そうだけど

今の季節は気持ちいいね♪

4

 

後ろのポコも、春の陽気にうっとり目を細めています。

2

さて、カンガルー舎。

カメラを向けると、眠そうながら起き上がって
美しいマッスルボディを披露してくれました。

1

 

キリン舎の前のポンプ工事では、毎日クレーンが伸びています。

2

 

エランドのサンタは

いつもカメラを向けるとやる気を見せてくれるのですが

はたして?

3

 

もんぎゅ、もんぎゅ。

5

 

のんびり反芻中でした☆

6

熊本もすっかり春の陽気です。

 

そして、はじまりました、花粉症の季節です。

毎年この季節には、スタッフの多くがマスクマンとなります。

 

風邪じゃないですよ。

ぐすぐすいって泣いていますが

悲しいわけじゃないですよ。

 

ただただ、かゆさとのたたかいです☆

 

 

上野、内田、北川、草野、高田、戸田、平瀬、松本 松男、森田

 

 

 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615