熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  新着情報  >  動物だよりvol.479広島市安佐動物公園で再会♪

飼育ブログ

動物だよりvol.479広島市安佐動物公園で再会♪

2018年3月20日(火)

平成30年3月20日(火)雨

 

熊本地震発生から706日。

 

3月21日に広島市安佐動物公園で開催されるシンポジウム

「動物園大学⑧in ひろしま安佐でず~なんよ」へ

当園からも参加発表するために広島にやってきました。

 

 2

前日もあいにくの雨でしたが

獣医師と飼育スタッフの方々から視察案内をしていただきまして

数年前に当園から広島市安佐動物公園さんに婿入りした

シフゾウのアスカ(オス)とも再会することができました。


4

 

こちらは年上のお嫁さん(↓)

きれいな毛色をしています。

8

 

アスカがいる放飼場は下草がはえはじめており、春の訪れを感じます。

当日は、とても寒かったですが(^^;)

3

アスカは、現在当園にいるチョッパー(オス)の兄にあたります。

2

 

チョッパーと同様、現在換毛期で冬毛が抜けてきており

角は、チョッパーよりやや太めに感じました。

そして、とても精悍!

アスカを見ると、チョッパーはまだまだ若造です。

 

昨年末、抜け落ちたアスカの角(↓)

とても立派です!


8

飼料を置いているバックヤードや寝室も見せていただきました。

このバケツのイラスト(↓)にスタッフの愛情を感じました(*^^*)

0

 

シフゾウの他にも、クロサイやチンパンジーについても

詳しく視察させていただきました。

 

クロサイは、この広島市で生まれたクロサイのクラッグが

(現在、和歌山のアドベンチャーワールドに在住)

今月当園にやってきます。

当園ではミナミシロサイの飼育管理は長年経験がありますが

安佐動物公園さんは、長年クロサイの飼育管理をされています。

獣医師と担当スタッフの4名から

ここを重点的に丁寧に案内していただき、大変参考になりました。

  

わたしたちが担当しているチンパンジーについても

色々な苦労話も含めて担当の方とお話しする機会ができて

ありがたかったです。

 

午前中から視察はじめて、園全部をじっくりみてまわり

気付いたら結局1日こちらにいさせていただいていました☆

 

膨大な数の写真をとっておりますが

当園と関係深いシフゾウのアスカだけ掲載させていただきます。

 

広島市安佐動物公園の皆さま、ありがとうございました!

 

 

上野、本田

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615