熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  新着情報  >  動物だよりvol.488クロサイがやってきた!

飼育ブログ

動物だよりvol.488クロサイがやってきた!

2018年3月28日(水)


平成30年3月28日(水)

 

熊本地震発生から714日。

 

当園にオスのクロサイ「クラッグ」がやってきました!

 

と、簡単に書きましたが、和歌山県のアドベンチャーワールドからこちらへの移動が完了するまでには、たくさんの苦労がありました。

 

以下、クロサイ輸送を写真にてダイジェストでお伝えします。

 

 

1

 

3/27の夕方、和歌山のアドベンチャーワールドで、輸送箱への収容作業が開始。

 

2

 

事前に輸送箱の中へ入ることに馴らしていたとのことで、すんなりと入ってくれました。

3

 

クレーンで吊り上げて、輸送トラックに載せます。

 

オスのクロサイの体重は約1トン。

 

作業は緊張感の張り詰めた中、慎重に行われます。

 

無事に輸送箱の積み込みが終わり、和歌山~熊本へのロングドライブが始まります。

 

クロサイ搬入を見守るために出張していた当園のスタッフ2名も同乗しました。

 

クラッグは輸送中に暴れることもなく、大人しくお利口にしていたそうです。



4

 

翌日、3/28のAM8:00ごろ、当園に無事到着。

5

 

輸送箱を吊り上げるクレーンも到着し、搬入の準備は整いました。

6

 

クロサイ舎のむかいにいる、ツキノワグマも見慣れない光景に興味津々です。

7

 

2トンを超える輸送箱が宙に浮かび、集まったスタッフの中に緊張感が走ります。



8

輸送箱をあらかじめ計画していた位置に設置します。

 

クロサイは頭が写真右側を向いており、中で振り向くことはできない状態です。

 


9

 

頭側の扉を開けます。

10

 

クラッグと初のご対面です。

 

やはり、吊り上げて運んだこともあり、興奮状態でした。

11

 

続いて、お尻側に2本の馬柵棒(ませんぼう)を入れます。

 

これは動物が出入りできないようにするための、鉄製パイプのかんぬきのことです。

 

これを入れておけば、後ろの扉を外しても、急にクロサイが飛び出してくる心配はなくなります。



12

 

後ろ側の扉を外しました。

 

その後、スタッフ全員が放飼場の外に出てしまったのを確認してから、さきほどの馬柵棒を外します。



13

 

馬柵棒を外した後です。

 

後ろから見るとこんな感じです。

 

クラッグは慣れない環境で不安なためか、なかなか後ろから箱の外へ出ようとはしません。

 

この状態になったのが9:35でした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

そこから1時間半、クラッグが自分から外に出てくれるよう、あの手この手を試しました。

 

箱の外から名前を呼びかけてみたり、

 

箱の外に大好きな枝葉を置いてみたり、

 

それでも、なかなかクラッグは出てきてくれませんでした。

14

 

11:05、何の前触れもなく、スッとクラッグは外に出ました。



15

 

そこからも、大変でした。

 

今後クラッグを担当するスタッフが好物(枝葉、芋、ペレット)を使って、寝室の中に入るよう誘導します。



16

 

時おり、興奮する様子も見られましたが、ゴハンが大好きなようで、担当スタッフの手からエサを食べました。

 

鼻の下をなでてもらうのも好きなようです。

 

この寝室への誘導も時間がかかりました。

 

寝室の入り口までは来るのですが、そこから部屋の中に入ろうとはしません。

 

根気強く、呼びかけながら、誘導を続けた結果・・・

 

13:45、ようやく寝室に入ってくれました。

 

最後はとても眠たそうで、長旅の疲れもあってか、休みたくなったのかもしれません。

 

クラッグ君、そしてクロサイ移動に関わった全ての方々、本当にお疲れ様でした。

 

クラッグは運動場に十分に慣れさせた後で、展示を開始する予定です。

 

それまで、しばらくお待ちください。

 

 

 

熊本市動植物園スタッフ一同

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671