熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  新着情報  >  動物だよりvol.508 マーネとフジ

飼育ブログ

動物だよりvol.508 マーネとフジ

2018年6月3日(日)

平成30年6月3日(日)

 

 

熊本地震発生から781日。

 

 

 

 

今日は東山動物園より来園したマレーグマのメス、「マーネ」の近況をお伝えします。

 

当園にはオスのマレーグマの「フジが先におり、お嫁さんを探していたところ、マーネが来てくれました。

 

現在、2頭はお見合い中。

 

柵に隔てられた2部屋の寝室にそれぞれを収容し、近い距離でお互いを見ることができます。

 

十分に慣れてから、同居を開始する予定です。

 

 

1

 

さて、これは週に1回、担当スタッフがあげているフルーツの氷漬けです。

 

マーネは寝室から運動場に出すようになって今日で2日目。

 

まだ慣れないためか、観覧スペースから人が見ようとすると、すぐに寝室に隠れてしまいます。

 

そこで、今日は飼養施設の裏側に潜入し、氷を食べる様子をこっそり撮影することにしました。



1

 

寝室と運動場との仕切りを外すと、マーネが出てきました。

 

少し警戒するようににおいを嗅いだ後、氷を食べ始めました。

1

フルーツを取り出そうと必死で、隠れている私には気づきませんでした。

 

 



 マーネとフジの相性についてですが、まだ同居させていないのではっきりとしたことは分かりませんが、

 

担当スタッフからこんなほっこりエピソードを聞きました。

 

 

「フジが最近寝室で食べ物を残すようになったんだけど、どうやらマーネのために残しているみたいなんだよね」

 

 

聞くところによると、マーネは食べることが大好きなんだそうです。

 

そんなマーネの様子を見ていたフジは、なんと自分のバナナを柵の下の隙間から押し込んで、隣室のマーネにプレゼントすることがあるそうです!

 

慣れない環境にやってきたばかりのマーネを、フジは自分のやり方で気遣っているみたいですね。

 

そんなフジの優しさのおかげか、マーネはフジの近くにいる時は、一人で運動場にいる時よりずっと落ち着いているそうです。 

 

フジ!男前!

 

今後も、2頭の様子をゆっくりと見守っていきたいと思います。

 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615