熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  新着情報  >  動物だよりvol.518黒達磨チャボの雛の成長日記

飼育ブログ

動物だよりvol.518黒達磨チャボの雛の成長日記

2018年7月9日(月)



春から夏にかけて、動物園では雛がたくさん産まれるシーズン

この時期になると、動物園では毎年恒例の雛のベビーラッシュ!!なんです♪

 

 

 

そして、5月27日にも、管理センターで1羽の雛が誕生。

 

 だるまチャボ

 

だるまチャボ2

黒達磨チャボの雛です。

(写真は産まれて2日後のようす)

 

産まれたときから、黒い羽毛をしています。

 

まだ嘴の先には「卵歯(らんし)」と呼ばれる、

卵から孵化する際に殻を内側から破る為の

小さな突起がついていますね

 

 

 

 

えっ!まず黒達磨チャボってなに(・3・)!?

と思われた方も多いはず、、、

 

 

大人になった姿がこちら

 黒だるまチャボ


チャボは江戸時代の初期に、今のベトナム(チャンバ)から日本に渡来し、

観賞用・愛玩用として改良された鶏です。

 

 

羽の色・冠・羽質の違いによって(白、黒、達磨、、、など)25種類にも分けられます。

 

 

 

 そのなかでも、この黒達磨チャボは

 

体は黒色。よーく見ると、エメラルドグリーンのような綺麗な色が入っています。

特徴は大きな鶏冠と、口元から振袖のように垂れ下がった赤い肉垂。

そして、「チョキ尾」と呼ばれる、はさみで途中から切ったような尾も達磨チャボ最大の特徴です。

 

 

その見た目が、達磨大使を連想させることから、この名がついたんだとか、、、

 

 

実はとても貴重で、熊本県指定の天然記念物にもなっているんですよ(^^)

 

 

 

 

達磨チャボちゃんのお世話をしてくれているのは、

このこより1ヶ月前に産まれたセキショクヤケイの雛です!!

 

 

お母さん役のセキショクヤケイ
(左 黒達磨チャボの雛  右 セキショクヤケイの雛)

 

 

ヤケイ2


とっても優しい性格で「餌はこうやって食べるんだよ~」としっかりお母さん役をしてくれています。

 

 

ヤケイ2

 

チャボのほうも、ヤケイのことをお母さんと思っているのか、ぴったりくっついて離れません(^^)

 

 

 

 

ヤケイの母が動き始めると、、、

 

まってまってー

 

てちてち、、、

 

 


まってまってー2

 

てちてち、、、

 

 

「まって、まって~」

 

と大好きなヤケイの母の後ろを小さな足で一生懸命、追いかけます

 

 

 

 

 

  1週間後、、、

相変わらず大好きなヤケイ母の傍にぴったり♪

  

 

ぴったり

 

 

                         かっ、、、かわいすぎる、、、。

 

 


よりそう

おなかのしたに入るのが、だるまちゃんの定位置♪

安心するのかな(^^)?

 

 

 

 


産まれて約1ヶ月後、、、

 

 

おおきくなった?

 

「ちょっと大きくなったでしょ?」

 


おおきくなった?2

産まれた時と比べると、体はおおきくなって

足もしっかりしてきましたね♪ 

目もぱっちり!!

 

1ヶ月でここまで大きく育ってくれました!食欲も旺盛!!

餌もほとんど完食してしまいます。

 

 

 

だるまちゃぼ おとな
 

大きくなって

こんな風に鶏冠の大きな、立派な姿を見せてくれるのが楽しみです(^^)♪

 

 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671