熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  新着情報  >  動物だよりvol.523 ワールドチンパンジーデイ

飼育ブログ

動物だよりvol.523 ワールドチンパンジーデイ

2018年7月14日(土)

平成30年7月14日(土)

 

 

熊本地震発生から822日。

 

 

 

7月14日は「WORLD CHIMPANZEE DAY(訳:国際チンパンジー記念日)」です。

 

1

1960年、7月14日はイギリスの動物行動学者ジェーン・グドールが初めてアフリカのゴンベに足を踏み入れた日です。

 

彼女はそこで野生のチンパンジーの行動観察を行い、歴史的な発見をしました。

 

それは 「チンパンジーは道具を製作・使用できる」ことです。

 

 

①葉っぱのついている小枝を拾い、葉をむしり取って使いやすくする。

 

②その枝を、アリ塚の穴に差し込んで、枝にくっついたアリを食べる。

 

 

①が道具の製作で、②が道具の使用ということです。

 

それまでは、人間だけが道具を作ったり、利用したりできると考えられていました。

 

この発見によって、その常識は打ち破られ、世界中の研究者に衝撃を与えました。

 

 

以後、今日まで続く、更に深い霊長類の研究の歴史へとつながっていきます。

 

 

 

このような記念すべき日に、動物園などでは世界的にチンパンジーのイベントが行われています。

 

今年は、当園では大きなイベントはできませんでしたが、来年は何かできればいいなと考えています。

 

 今年は、植物園で育った野菜を頂いたので、それをプレゼントしました。



2

 

夏の野菜って特においしそうですね。



3

 

マンゴーを切って氷漬けにしたアイスもあげました。

4

 

マルク。

 

ナスビをまるかじり。

5

 

カナエ。

 

キュウリかな、ゴーヤかな?

6

 

ノゾミ。

 

特製アイスを口に含んでいます。

7

 

クッキー。

 

ナスビを食べています。

8

 

ユウコ。

 

これも特製アイスですね!

 

チンパンジー舎も昼はとくに暑くなってきましたので、涼しく過ごせる工夫を行っていきたいと思います。

 

また、ご紹介します。

 



 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671