熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  新着情報  >  動物だよりvol.534 ジャンボスイカ!動物達への残暑見舞い

飼育ブログ

動物だよりvol.534 ジャンボスイカ!動物達への残暑見舞い

2018年8月18日(土)

平成30年8月18日(土)

 

 

熊本地震発生から857日。

 

 

JA鹿本より、動物達にジャンボな残暑お見舞いを頂きました。

 

 

1

 

立派なジャンボスイカです。

 

1個が100kg近くあります!

2

 

まずは、ホッキョクグマのマルル。

 

プールにぼちゃんと投げ入れられたスイカに飛びつきました。

 

水の中では食べずに、くわえて運んでいきます。

3

 

ちょくちょくお客さまの方を振り返りながら食べていました。

 

ホッキョクグマがスイカを食べる姿はとても涼しげな光景ですね。

4

 

スイカにご注目!

 

皮がペラペラになるほど、果肉を削り取って食べてしまいました。

 

おしりと背中には、スイカと同じ色の藻が生えています。

 

ホッキョクグマの体毛は中空構造になっており、そこに6月頃から藻が生えはじめます。

 

来年の4月頃には毛が生え変わって真っ白になりますよ。

4

 

こちらも大盛況です。

 

続いての動物は・・・

5

 

カバです。

 

モモコとソラ、メスのコンビです。

6

 

スイカを見つけるやいなや、まっしぐらでガブリ。

7

 

口からこぼれないよう、上を向いて飲み込みます(それでも大きな口から、結構こぼれ落ちます)。

8

 

カバはスイカが大好きのようです。

 

実はスイカの起源はアフリカだと言われています。

 

スイカに似た瓜科の植物がアフリカには自生しているそうで、野生のカバもスイカに似たものを食べているのかもしれませんね。

1

 

スイカジュースも作りましたよ!

2

 

このように、丸太に開けた穴の中にスイカジュースを入れます。

 

さて、これを食べる動物は・・・

3

 

チンパンジーです!

 

どうやって飲むと思いますか?

 

正解は木の枝でストローを作り、それを穴に突っ込んでくっついたジュースを舐めとります。

4

 

①手ごろな枝を折る

 

②枝から邪魔な葉っぱを取る

 

③枝の先端を噛みしだく

 

これでストローの完成です。

 

簡単に見えますが、実はとてもすごいことなんですよ。

 

1960年、ジェーングドールさんという女性の動物行動学者が、チンパンジーが道具を作って、使うことを発見しました。

 

この発見によって、人間以外の動物も道具を製作・使用できるということが分かりました。

 

当時の人間の定義(唯一、道具を使える動物)を揺るがす、世紀の大発見でした。

 

 

毎週日曜日の10:00ごろにチンパンジー舎にお越しいただけると、チンパンジー達がジュースを飲む姿を高確率で見ることができますよ。

 

興味のある方は、是非お越しください。

 

 

 

JA鹿本の皆様、立派な残暑お見舞いをありがとうございました。

 

動物達に代わりまして、お礼を申し上げます。
 


 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671