熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  熊本地震から3年

飼育ブログ

熊本地震から3年

2019年4月14日(日)

2019年4月14日(日)

 

今日で熊本地震からちょうど3年が経ちました。

 

動植物園は昨年の12月に全面開園を迎えることができ、

 

連日、たくさんのお客様に足を運んで頂いております。

 

1

 

チンパンジーのガイドの様子。

 

震災当日の状況を飼育員が話しました。

 

チンパンジー達は地震が起こる度にとても敏感に反応しつつも、仲間同士で抱き合ってお互いを落ち着かせあっていました。

本日は動物たちにタケノコをプレゼントしましたので、その様子をお届けします。

 

1

1

1

 

チンパンジーの島にセットした竹の子。

 

もはや「子」ではないくらい大きくなっていますが、まだまだ実は柔らかいです。

1

 

最初にオスのマルクがゲット。

 

タケノコを大事そうに抱えて走る姿が、ボールを持って走るアメフト選手のようでした。

1

 

雨が降っていたためか、屋根のあるタワーの上にタケノコを持っていきました。

1

 

ちゃんと皮をむいて食べるんですよ。

1

 

さて、マルクのいる所(もしくはタケノコのある所?)に他の4人も集まってきました。

 

ユウコ(写真右)がそーっとマルクのタケノコに手を伸ばしましたが、マルクは怒りませんでした。

1

 

「しめしめ」みたいな顔に見えるユウコ。


1

 

こんなに近い距離で5人全員が集まるのは、あまり見たことありません。

 

雨宿り&竹の子の魅力でしょうか。

1

 

ユウコのタケノコを物欲しそうに見つめるノゾミ(写真右)。

 

しばらく見つめていたら、ユウコがタケノコから少し離れました。

(譲ったのかもしれません)

1

 

「やっと食べれるぞ」

 

と、ノゾミがタケノコ掴んだ瞬間・・・

 

ずいっと出てきてタケノコの反対側を掴むマルク。

 

1

 

結局、またマルクが食べ始めました。

 

何だかノゾミ(写真右)は悔しそうな顔をしているように見えますね。

 

もっと時間が経ってから、もう1本あったタケノコをノゾミが食べていましたよ!

 

良かったねノゾミ。

 

1

 

そのほかの動物たちにもタケノコをあげましたので、一部ご紹介します。

 

カバのモモコとソラ。

1

 

きれいに食べてしまいました!

 

気に入ってくれて良かった。

1

 

クロサイのメスのミミカ。

 

まるでポッキーを食べるかのようにポリポリと食べていました。

1

 

つまようじをくわえているみたい。

 

気に入ってくれて良かった。

 

オスのクラッグはあまり興味を示しませんでした。

 

オスとメスで食べ物の好みがかなり違うそうです。

 

 

さて、全面開園を迎えたこれからが頑張りどころです。

 

動物たちみんな、タケノコのように真っすぐと健康に育って欲しいと願います。



 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671