熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  シフゾウの角の変化

飼育ブログ

シフゾウの角の変化

2015年3月20日(金)

シフゾウのオス「ジロー」は12月21日に、「チョッパー」は1月26日に落角(らっかく)しましたが、その後順調に新しい角が生えてきてます。

 

ジロー 

12月29日

2014,12,29

1月4日

2015,1-4

1月8日

2015,1,8

1月15日

2015.1,15

1月20日

2015,1,20

1月31日

2015.1,31

2月13日

2015,2,13

 

2月21日

2015,2,21

3月3日

2015,3,3

3月13日

2015,3,13

 

 

★チョッパー

1月31日

1,31

2月6日

2,6

2月9日

2,9

2月13日

2,13

2月21日

2,21

3月3日

3,3
 

3月13日

3,3

 
この2頭の角、よく見てもらえば柔らかそうな毛が生えた皮を被ってます。

この状態を「袋角(ふくろづの)」といいます。

もうしばらくすると、この角をフェンスなどにこすり付けて、皮を破り中から硬い角が出てきます。

その時に血が出ますが、心配いりません。

 

ちなみに、ジローの角は

出血
先端の方は寝室の壁にこすり付けて、少量ですが出血してます。

 

これからの、貴重な生え変わりをぜひ観察してください。

 

 

                         チンパンジー班 

                  福原 真治

 

 

 

 

 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615