熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  動物サマースクール~チンパンジーのエサをつくって喜ばせよう!~

飼育ブログ

動物サマースクール~チンパンジーのエサをつくって喜ばせよう!~

2015年7月22日(水)

 毎年、夏休みに入ったらすぐに動植物園では動物サマースクールが開催されます。

 今回は初日に開催された~チンパンジーのエサをつくって喜ばせよう!~を報告します。

 

対象は小学校四年生~六年生の15名でした。

まずは、動物資料館のレクチャールームで開校式がありました。

動植物園の園長の挨拶があり、その後は今回のコースのスタッフ紹介や諸注意がありました。

11

 

12

イベントの時は色んな分野の方々の協力が不可欠です。

今回も、東海大学農学部応用動物科学科の学生さん、教職員実習に来られてた先生、動物ボランティアさん、それに飼育員が協力して実施できました。

 

スタッフ紹介のあとは、本格的にサマースクールの開始です。

 

まずは、チンパンジーについての特徴などをスライドを使って説明します。

13

みんな真剣に聞いてくれ、こちらもうれしくなります。

そのほかにも、当園のチンパンジーの紹介や、今回してもらう作業を何のためにするのか?などの話をしました。

一通り話しが終わったら、チンパンジー舎に移動です。

チンパンジー舎に着いて一番にしてもらうのは、手洗いになります。

チンパンジーと私たち人間は遺伝子の塩基配列が98.7パーセントが一緒ですので、人間の病気や菌を持ち込ませないようにするためです。

もちろん、チンパンジー舎を出るときもチンパンジーの病気や菌を持ち出さないように手洗いします。

14

15

手洗いが終わったら、みんなお待ちかねチンパンジー舎の中へ入ります。

普段は入ることが出来ない全天候型展示室で作業をします。

まずは飼育員から今回の作業の説明です。

16

17

みんな始めての体験に興味津々で真剣に聞いてくれてます。

なかには、今回が二回目の参加者もいましたが、みんなの真剣さに飼育員の説明も熱がはいります。

 

今回してもらう作業の一つは

1
カジの葉に

2
ブドウやブルーベリー

5
配合飼料を包みます。

18

19

20

22

23

24

包んでもらったカジの葉の他にもたくさんの好物を用意しました。

ミニトマト

4

トウモロコシ

6
リンゴ

7
パイナップル

8

9

準備が出来たら、枝やポールや消防ホースに取り付けます。

26

27

28

29

30

31

32

33

取り付けが終わったら、つぎは

3
通称「フルーツヌンチャク」つくりです。

これは、オレンジ二つを麻ヒモで結んでつなげるだけです。

そうすると、下から投げるだけで消防ホースや枝の高いところにもエサが引っかかりチンパンンジーたちが高い場所でもエサを食べる様子が観察できます。

みんな一斉に投げれば危ないですので、五人ずつ分かれてより高い場所目指して投げます。

ヌンチャク39

40

41

43

みんな上手に引っかけることができました。

 

結んだエサと引っかけたエサでチンパンジーが喜ぶのは間違いありません。

36

37

38

 

35

作業が終わってみんなで記念撮影。

集合写真

さあ、次はチンパンジーたちが実際にどうやってエサを取るかの観察に移ります。

もう一度、手を洗ってみんなで保護者の方と一緒に観覧通路から観察します。

 

47

 

49

51

52

チンパンジーたちは、みんなが美味しいエサを準備してくれてるの感じてましたので、扉を開けると悲鳴にも近いフードグラント(ご馳走を前にしたときや好物を食べるときに発する声)を発しながら全天候型展示室に入ってきました。

 

58

自分の好物から食べていく姿や、目上のチンパンジーに対する挨拶の仕方などを飼育員の解説も交え15分ぐらいみんなで観察しました。

 

観察後にはまた資料館に戻って「チンパンジーの生息現状と保護活動」についてスライドで説明しました。

少しむずかしい話しですが、ここでもみんな真剣に聞いてくれました。

 

その後は閉校式があり、修了証を配りすべての日程が終了しました。

1

六年生にとっては最後のサマースクールになりますが、四年生や五年生はまた来年以降もチンパンジーはもちろんですが、色んなコースでの参加お待ちしてます。

 

 

チンパンジー班:竹田 正志、福原 真治、上野 明日香

 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615