熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  新着情報  >  動物だよりvol.156(祝)本日より部分開園!

飼育ブログ

動物だよりvol.156(祝)本日より部分開園!

2017年2月25日(土)

平成29年2月25日(土)晴れ

 

熊本地震発生から317日。

 

大変長らく、お待たせいたしました。

 

本日、約10ヶ月ぶりに部分開園いたしました!

 

これまで励ましの言葉やお手紙をいただいた皆様方

ありがとうございました。

 

まだまだ全面開園には程遠いですが

無事、この日を迎えることができたことに

少しほっとしています。

 

久しぶりの開園ということで

これまで開園を心待ちにしてくださっていた方々を

スタッフもわくわくしながら、各門にたってお迎えしました。

 

9時。

南門からの最初のお客様たち(↓)。

 

8

 

ようこそ!

 お待たせいたしました!!

 

スッタフと報道関係の方々とで見守る中

親子連れの方々が笑顔で入園されました。

0

南門入ってすぐ右側に

復興応援サポーターの受付がありますが

 

2

 

この日、復興応援サポーターに入っていただいた方は

実に100人!

皆さんの熊本復興への熱い想いに、本当に本当に感謝です・・・

 

最初のご家族も、さっそく入ってくださいました。

ありがとうございます!


3

開園してすぐは、まばらだったお客さんたちも

10時半のモルモットのタッチングの時間になると

長蛇の列をつくられていました。

  

3

 

1回のタッチングに

午後の部は定員の200名に達しました。

 
6


5

 

ありがとうございます!!

 

7

さて、今年、タッチングデビューしたモルモットたち。

 

4

 

こどもたちのひざの上で、ちんまりしています。

0

 

皆さん、スタッフの話をよくきいてくれて

上手にやさしくさわってくれました♪(^▽^)

1

今日、残念ながらふれあうことができなかった方

明日も、そして毎週土日・祝日と機会はまだまだありますので

ぜひ足をお運びください。

 

タッチングの横では、ヤギ・ヒツジたちとふれあえる広場があります。

 

 1

こちらも大盛況。

ヤギ達も、背中をなでられて

気持ち良さそうにひなたぼっこしていました。

 

そして、本日の主役!

ヒツジのミーナが、8歳の誕生日を迎えました。

 

3

お祝いの3段おからケーキ

ふだんは食べていないリンゴも、特別に飾り。

 

8

0

 

スタッフが、ミーナの紹介をする間

ミーナは、スタッフをみながら、じっと待っています。

9

 

さっそく、ケーキ到着。

ミーナが気づきました!

3

 

うきうき足取り♪

4

 

HAPPY BIRTHDAY TO YOU♪

あつまった皆さんとうたって

5

 

 いっただーきまーす♪

 

7

 

おから部分が、好みだったようで

8

 

鼻で押しのけられたリンゴやニンジンは

ずり落ちていました☆

9

 

おめでとう、ミーナ!

3

 

こんなにたくさんの皆さんに祝っていただきました!!(↓)

5

遊具のモノレールも大盛況♪

行列も途切れる間がありませんでした。

地震以降、まだ整備されていない動物エリアの上を

広範囲に通りますので

もっとみたいという方には、おすすめです!

 

0

 

アフリカゾウのエリアもとても人気♪

 

7

 

朝から入れ替わりたちかわり観にきていただいて

8

 

心なしか、エリたちもうきうき。

9

1

 

マサイキリンも、こどもたちがそわそわ。

2

 

秋平と冬真とが

お客さん達の前で、駆け回る様子がしばしばみられました。

3

 

さて、アフリカゾウのガイドでは

孟宗竹を準備。

3

 

気づいたマリーも、エリもそわそわ。

6

 

急に、大きな耳をぱたぱた。

1

 

まーだーか~

2

 

きたきた!

パオーン!!

3

 

自分の分をとりに、分かれます。

4

 

マリー(右)が、ちょっとフライング。

5

バックバックーっ

7

 

エリは、さっそく鼻をまきつけて持ち上げ

9

 

右前あしでぐしゃり!

0

 

左前あしをふみだして、さらにぐしゃり。

1

マリーも、皆におしりをむけながら

竹を踏み割っています(↓)。


2

 

エリは、順調に全部を踏み割って

3

 

あしで押さえながら

鼻で裂いた竹を持ち上げて

4

 

めきょきょきょきょ!

5

 

バックしながら、きれいにはがしていきます。

6

 

踏みながら、引っ張ることで

さらに細かく竹をさいていきます。

7

 

食べ方の解説をききながら

迫力あるゾウの食事風景を見守るお客さんたち(↓)。

8

9

マリーは、エリよりちょっと遅めではありますが

こちらも順調に細かくできました。

1

 

鼻と牙を器用に使って、テコの原理で

4

めきっ!

6

 

細く短くして、おいしそうに食べています。

0
 

エリは、裂き方も上手。

2

 

竹箒もつくれそうだ☆

3

るんるんで、ぱきぱきわりながら

7

 

次から次に、口の中へ。

8

 

映像や写真だけでは、生の迫力をつたえきれないので

開園できて、本当によかったです(*^^*)

 

目の前で、感じていただけたでしょうか。

1

お次は、マサイキリンのガイド

 

大好きなカシの葉(を持ったスタッフ)が、歩いてきます。

 

1

 

リキと小春は、さっそく長い首を伸ばして

3

 

次に、またまた長い舌を、みにょーん。

6

各個体を紹介後に、キリンの特徴をクイズ形式で解説。


9

 

小春とリキがみまもる中

1

 

カシの葉がつるされると

さっそくむしゃむしゃ。

3

 

ちょっぴり警戒心が強い冬真と

はじめての大勢のお客さんにびっくりな秋平は

なかなか近寄れません。

6

 

でも、カシの葉は食べたい!

7

 

大丈夫だよ、今日がはじまり、きっとすぐに馴れていくよ。

8

 

お!

秋平は、父のリキのそばに歩き出しました!

0

 

冬真が、戸惑うようにこちらを見ます。

大丈夫だって、弟もいったよ。

きみは、昨年の4月までは、いけていたじゃないか。


1

 

冬真も、少しずつ勇気を出して近づいていき

2

こちらも、リキにぴったりくっついて

食べだしました。

 

2頭とも、リキ父を頼りにしているのかな☆

 

ぼちぼち、馴れていってね(^^)

5

さて、こちらは動物資料館のレクチャー室。

ここでは、1日2回

どうぶつの赤ちゃんと、動物園エリアのうらがわとを

紹介しています。

5

 

集まったこどもたちもクイズに答えながら

部分開園ではみれない動物たちの様子を真剣にみていました。

9

ちなみに、動物資料館の入口近くには

今年の干支である「酉(トリ)」にちなんだ

トリクイズ2017を設置しています。

 

8

 

5問、選択問題になっています。

全部、とけるでしょうか?

うしろに問題の答えがあるので、めくってみてくださいね。

手が届かない小さいおこさんも

うしろにまわると、全部みれますよ。

さて、最後にもう1つ。

お客さんに書いてもらう メッセージボード。

動物資料館の「えがお咲く、復興ツリー」

さっそく第一号のお客さん。

 

5


0

 

お子さん達が、あついメッセージを残していってくれました!(↓)

4

5

6
 

今は、まだ地震の影響で動物資料館の中でも入れない部分が多く

展示している生きもの達も限られています。

動物資料館のヘビやアリゲーターガーも

大好きということで憶えていてくれて

このあとも何回も資料館に足を運んでくれました。

 

 1日が終わる頃には、なんと満開!

 

8

 

「がんばって」という応援メッセージは、とても多く寄せられていました。

また、地震の影響が大きくて入れないエリアの動物たちに

会いたいという想いを書いてくれたものも。


4

 

「入れなくなってから動物園の存在の大きさがわかりました」

というメッセージもありました。

5

 

イラストも多く、ゾウ、キリン、カメ、ウサギ、そしてライオン。

 

今は他県に避難させてもらっているライオンのイラストをみると

とてもせつなくなります。

いつか、きっと帰ってくるから、待っててね!

6

 

「部分開園、おめでとう」の文字や

「ぜんぶのどうぶつたちに早くあいたい」という

メッセージもありました。

7

最後に、本日の入園者数、約6600名。

 

熊本市動植物園にとっては、今日が第一歩です。

まだまだ、これからです。

 

動物も植物も、今はみれるエリアが限られていますが

皆さんに楽しんでいってもらえるように

恩返ししていけるように

来園者の方からもご意見いただきながら

全面開園に向けて、前に前に、がんばってまいります!

 

初日からかけつけてくださった皆さま

心のこもった応援、本当にありがとうございました!

 

 

熊本市動植物園スタッフ一同

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615