熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  新着情報  >  動物だよりvol.177サルたちの森より~穂奈美たちの今~

飼育ブログ

動物だよりvol.177サルたちの森より~穂奈美たちの今~

2017年3月15日(水)

平成29年3月15日(水)晴れ時々曇り

 

熊本地震発生から335日。

 

 

本日はサル達の森からお送りします。

 

こちらは、まだ地盤沈降が大きいため

部分開園では入れないエリアの1つです。

 

先日、マンドリルの穂奈美(ホナミ)

気にかけていただいている方から

お手紙をいただきました。

 

ありがとうございます。

  

穂奈美(メス)はオスのコタロウと比較すると

からだは一回り華奢ですが

地震後も元気にくらしていますよ。

 

本日の穂奈美(↓)。

 

8

 

目が見えない分、音には敏感。
カメラのピント合わせの音にも顔を上げます。

0

 

なあに?


1

そこに誰かいるのかしら。

5

 

もう1回、音を待って聞き耳をたてている穂奈美(↓)。

こっちは、息をひそめてじっと待つ。

6

 

気のせいか・・・ふぅ。

7

 

はっ!

また音したよ!

8

 

両眼白内障ですが

光や影はなんとなくわかる様子。

9

 

じーっとこちらをうかがいつつ

0

 

正確に、まっすぐ手を伸ばしてきます。

1

しばらく音を立てないように、こちらもがまん。

 

穂奈美も、格子に口をのっけて休憩。

3

 

そーっとはなれて・・・ばれたーっ

4

 

にょき~

5

いったん穂奈美のうらがわにまわってみよう。

 

・・・残念!

 

枯葉を踏む音をききつけて

手探りですぐさまやってきます。

8

9

うーむ、もう1回反対側にまわってみよう!

1

 

すぐに追いかけてくる穂奈美。

2

 

正確に正面にやってくるところが、本当にすごい。

 

ここにいたよね?と、手を伸ばしてきます。


3

そーっと、そーっと、下から撮影。

9

ばれたーっ

3

空をきる手。


4

 

とくに怒るでもなく、穂奈美はやさしい顔のまま。

5

 

ちなみに、穂奈美は、毎日格子越しに草むしりを行います(↓)。

にぎったものが枯葉だったらポイ。

青草だったら、むしゃむしゃ。

6

ときどき、鼻を出して・・・

9

 

格子で歯をごしごし。

0

こうみると、歯もだいぶ磨耗しています☆

さて、こちらはコタロウ(↓)。

おはよー、いい天気だね。

 

8

 

すぐに、おしりみせてご挨拶。

9

 

かおをみせると

歯をむき出した「イーッ」の顔でゆるくあたまをふりふり。

コタロウのご挨拶はここまで。

 

5

おおあくび。

6

お、立派な犬歯。
穂奈美とはちがいますな。

お次は、アンゴラコロブスのチビ(左)とティース(右)。

 

9

 

チビは、マキの葉の差し入れを採食中。

0

 

おいしそうだね~

1

 

わたし(ティース)には?

2

 

あっちにまだあるよ~

3

 

しばらくチビの採食を見守っていましたが

とりに行きました。

4

がじがじ。


5

 

うまうま。

6

直接口でかみちぎったり

手でちぎたっりして食べます。

8

9

おちょぼ口、常に口が開いているのがティース。

2

しばらく別々に食べていましたが


9

寄り添うと


7

おもいおもいの格好でたべはじめました。

9

まだみてんの~?

3


最後に、エリマキキツネザル。

 

朝は、やっぱり日光浴。

3

 

いいポジションを2頭がとっていると


4

 

わしもいれんか~い。

5

 

あったかそうなポジションの奪い合い。

もっと、そっちいってよ(右側)!

6

 

え~、しょうがないな(真ん中)。

左にずれてあげるよ。

7

 

せまい(左側)!

もっとお日様あたる場所にいくぜぃ!

ぐいぐい上へ。

8

さらに、もう1頭控えております。

0


きみらは、いかないでいいのかい?

0

 

近づくと、すぐに寄ってくるやじうま2頭。

1

とくにこの個体は

6


ヒトに対しても

8

ぐいぐいくるタイプで

1

興味をもつと、すぐに手を伸ばしてきます。

3

 

だめだよ、少しは警戒心ももたないと!

 

あれ、へこんでる?

 

原猿類は

表情からは喜怒哀楽がよみとりにくい・・・

4

あ、気にしてなさそうだ。

6

さて、その下では、長い尾をひらめかせて走る1頭。

8

 

この個体は、からだを動かすのが大好き。

9

 

よく1頭だけで走っています。

0

 

あ、いや、きみはもういいんだって!

1

 

めげないな・・・。

7

エリマキキツネザルは、当園にいるワオキツネザルと同様に

マダガスカル原産の原猿類。

マダガスカルには

キツネザルだけでももっとたくさんの種類がいて

世界最大の原猿類であるインドリもいます。

4

 

また、横っとびするシファカやアイアイなど

多数の魅力的な動物たちが自然界に生息しています。

 

現地の草むらで、夜、野生の大きなカメレオンとも遭遇して

とても感動したのをおぼえています。

7

今回は、入れないエリアのどうぶつたちシリーズ。

今のくらしをお送りしました。

穂奈美については

先月のブログでもその様子をお知らせしています(↓)ので

こちらも合わせてごらんください♪

 

http://ezooko.jp/imgkiji/pub/detail.aspx?c_id=28&id=815

 

 

 

伊藤 誠基、伊藤 礼一、上野 明日香、松本 浩二、的場 秀嗣

 

 

 

 

 

 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615