熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  新着情報  >  動物だよりvol.219ヘビ皮きゃっほー♪

飼育ブログ

動物だよりvol.219ヘビ皮きゃっほー♪

2017年5月26日(金)

平成29年5月26日(金)晴れ

 

熊本地震発生から408日。

 

ヘビの抜け殻、お役立ち♪

 

本日、アオダイショウのヘビの抜け殻を、施設班からいただきました!

 

それまでも、風に揺れるヘビの抜け殻を仰いでみてはいましたが

(H29.05.19 ニホンザル舎 ケヤキの枝 ↓)

 

0

 

頭つき、ゆ~らゆ~ら♪


2

ほしいなぁ・・・(よだれ)


5

今回、チンパンジーの島近くでいただいた抜け殻は

 

脱ぎたてホヤホヤで、まだしっとり濡れていました♪

 
1

 

体長110cmを超えていました!

 

0

 

こちらも、素敵な尾頭付き(^▽^)

2

 

実は、いただいた日の午前中、本物のヘビがチンパンジーの島に出て

 

ノゾミが警戒音を発していました。

 

もしかしたら、この抜け殻の主かもしれません☆

3

すぐに、カナエがかけつけて一緒に捜索。

 

あとから、マルクも合流。

8

 

どこだ、どこだーっ

9

 

すばやくうごめく黒い3人(↓)。

0

 

どこでみたの~?

1

 

こっち、こっちーっ

2

 

この辺なの!

3

 

丸太の上から、探すノゾミ

ずんずん、藪の中を探し回るマルクカナエ

4

 

しばらく探していましたが・・・

5

いなそうなので、わたくし、離脱します(カナエ)↓

7

残るノゾミマルク


8

いたのに

(丸太から降りると、地面を警戒してすばやく動くノゾミ↓)


9

いたのにっ

ノゾミ早い)


0

いたのに~っ

(高いところで一息つく ノゾミ↓)


1

こんな本物のヘビに対する警戒心にはまけると思いますが

 

いつも食べ物をさしてつくっている「実のなる木」に

 

この日の午後、ヘビの抜け殻を巻きつけてみました☆(↓)

7

 

動植物園のような限られたスペースではなかなか味わえない

 

自然界の刺激をおすそ分け。

 

 

初日は、マルクカナエ・ノゾミが抜け殻の前でいったんストップ。

 

しげしげと眺めて、ヘビの抜け殻に近いエサには

 

手を伸ばしませんでした。

 

警戒音もださず、本物にはかないませんでしたが

 

やはり近づきたくはない様子。

 

 

そして

 

いつも餌を取りに行くのが一番遅いクッキー

 

(人工哺育で育ったためか、ヘビへの警戒心が非常に薄い)

 

ヘビの抜け殻をなんだかわかっておらず

 

けろっとした顔でその餌をゲット☆

 

 

 

・・・これは使える!

 

ウキウキ♪o(^-^ o )(o ^-^)oワクワク♪

 

  

 

おいしいものをクッキーのために残してあげるためにも

 

魔よけならぬ、マルク&カナエ&ノゾミよけに!

 

 

 

そう思って、連日ヘビ皮を使用したところ・・・

 

ダークホース、ユウコが次の日その枝からゲット☆

 

 

まさかの、まさかのユウコ・・・っ

 

o(≧~≦)o

 

 

でも、ヘビの抜け殻に接する部分は残している!

 

 

 

というわけで、6月2日現在(↓)

8

 

わざとヘビの抜け殻に接するように餌をセットしたところ

 

クッキーだけがゲットできました!

0

やったーっ

4

 

たぶん、皆すぐに馴れて取り始めてしまうと思いますが

 

つかの間のクッキーサービスです♪(*^▽^*)

5

 

よかったねーっ、クッキー

6

 

ゲッツ!!

7

 

むしゃしゃ♪


8

 

イエス、ゲッツ!

9

5月~6月のアオダイショウ万歳!

2

 

このまぶしい5月晴れももうすぐ終わりで、梅雨を迎えます。

 

雨の日も多いかと思いますが

 

6月3日(土)からは、ニホンジカ~シフゾウの草食獣エリアまで

 

開園エリアが広がります!

 

 

皆さまのご来園、楽しみにお待ちしております♪

 

 

 

 

上野 明日香、藤原 由美子、福原 真治、本田 信夫 

 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615