熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  動物だよりvol.245ホオジロカンムリヅルの雛~羽繕い~

飼育ブログ

動物だよりvol.245ホオジロカンムリヅルの雛~羽繕い~

2017年7月6日(木)

平成29年7月6日(木)雨

 

熊本地震発生から449日。

 

ツル舎の放飼場の中に入らず、金網越しでも最初の数秒は

親ヅルが羽を広げて、近づかないでのサインをまだ出してきます(↓)。

 

1

 

親ヅルの膝下まで成長した雛たち(↓)。

2

降り続く雨でできた天然の水たまり場に行くと

5

 

興味津々。

6

 

泥壁や水にくちばしを何度も突っ込みます。

7

首を伸ばすと、だいぶ大きくなったように感じますが(↓)

0

おろすと、まだまだ小さいです。

2

顔もあどけないですが、心なしか色が変わってきたようで

桃色の後脚にも、やや灰色がかった部分が増えてきたような?

6

 

後ろ姿も、1週間前と少し違いますね。

7

からだは成長してきていますが

親には、まだまだ依存しています。

1

 

親ヅルが、泥に穴をあけて

2

 

虫を見つけると

3

 

すかさず

4

雛がゲット。

6

 

まだ親が教えている段階なのか、雛からの横取りに寛容なのか。

 

 

しばらく様子を見ていると・・・

4

 

んしょ、んしょ。

5

 

おおーっ(゚ロ゚;)

雨にぬれたからだを気にしてか

長く伸びたくびを曲げて、自分の羽繕いをはじめました!

 

まだまだ、ちょっと不恰好ではありますが

できることが増えていくことに、日々感動です。

 

また1週間後の姿をお楽しみに♪

 

 伊藤、上野、寺本、野田、林田、松本 浩二、的場

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615