熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  新着情報  >  動物だよりvol.290アンゴラコロブスへの手渡し給餌

飼育ブログ

動物だよりvol.290アンゴラコロブスへの手渡し給餌

2017年8月23日(水)

平成29年8月23日(水)晴れ

 

熊本地震発生から497日。

 

非開園エリアの現状報告

 

アンゴラコロブス舎では

日中、放飼場側から枝葉の差し入れを行います。

 

9

 

今日の差し入れは、ネムノキ。

0

 

すぐに、チビとティースが受け取りにきます。

2

 

昨年の熊本地震発生時

寝室で被災したアンゴラコロブスたちは

寝室でエサを食べないこと1週間

寝室自体に入りたがらないこと1週間でした。

3

 

そのため、担当スタッフが放飼場での手渡し給餌を

寝室で与えるぶんまで毎日行いました。

 

今では、寝室でもしっかり食べることができますが

キンシコウと同じくリーフイーターの彼らには

放飼場で枝葉の手渡し給餌を継続しています。

4

 

気象庁データ発表によると、当園が建っている熊本市東区では

前震から1週間の地震の総数は、実に246回。

 

極端に多かったその時期は

チンパンジー、アンゴラコロブス、キンシコウ、マンドリル・・・と

霊長類に大きな心的影響を与えました。

5

 

おいしそうにほおばる姿に、ホッとします。

6

 

また、昨年7月23日には

1993年9月11日熊本市動植物園生まれのオスが1頭

(愛称:ハットリくん)がこの世を去りました。

 

享年22歳。

 

皆さんには、その姿や愛称で大変親しまれていましたが

昨年4月14日以降

被害の大きかったこちらのエリアは、今現在に至るまで開園できておらず

今後開園できても、ハットリくんが

皆さんの前に姿をあらわすことはもうありません。

7

今いるのは、メスの2頭です。

9

 

1998年8月2日生まれのティース(愛称)と

2000年2月16日生まれのチビ(愛称)です。

0

どちらも、2012年11月13日に

到津の森公園より当園にやってきました。

2

 

開園できた際には、あの大変なときを一緒にのりこえてくれた命に

昨年亡くなったハットリくんのぶんまで

愛情をそそいでごらんいただければ、幸いです。

4

また、非開園エリアの獣舎の大半が、給排水管工事がまだです。

こちらのアンゴラコロブスがいるサル達の森や

キンシコウ舎も、今なお、このようにタンクで水を運んでいます(↓)。

6

 

水場から遠いところはトラックで運びますが

トラックもつけられない狭い獣舎裏になると

自分の腕で運んだり

隆起・沈降の少ない部分を一輪車で運んだりしています。

7

まだまだ復旧の見通しは明るくありませんが

他園館さんからいただいたタンクを

大切に活用させていただいております。

9

現在の工事の様子です(↓)。

 

管理事務所とカピバラ・ペンギンの間。

 

1

 

モンキーアイランドとペンギン舎前(↓)。

5

4

一歩一歩、安全に配慮した工事がすすめられています。

いましばらく、お待ちいただければ、幸いです。

 

 

伊藤、上野、林田、松本 浩二、的場

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615