熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  園長日記  >  動植物園ってどういうところ?

園長日記

動植物園ってどういうところ?

2011年12月14日(水)

はじめまして!

園長の本田と申します。 

今回から園長日記を書くことになりました。

 

マリー

 
動植物園で日頃感じていることや、出来事などを長年飼育に携わった経験をもとに情報発信ができればと考えています。

よろしくお願いします。

 
なんとも初回ですのであれやこれや考えましたが、結局上記のタイトルにしました。

私が思っている動植物園は、ずばり「地球上のたくさんの生きものたちに出会える場所」だということです。                          

 

園には120種類約1,000頭の動物たちが暮らしており、また約50,000本の樹木と多くの草花に囲まれています。

 

元上野動物園長の中川志郎さんによれば、都会で暮らす人間が1日に出会う動物は、平均7種類だそうです。

 

それが、動植物園に来ると、1日で多くの種類の動物や植物と出会える。これってすごいことだなと思います。

 

動植物園に来園される方々は、お子さんから大人まで皆さん笑顔ですよね。

これから多くの輝く命に出会えるという期待感が、皆さんをそうさせているのだと実感しています。

 

私たち職員一同は、その笑顔をたいせつに、そして笑顔がさらに広がることを願って、毎日仕事に取り組んでいます。

 

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

次回は、動植物園の役割についてお話したいと思います。

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615