熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  動物資料館  >  ドンコが卵を産みました

動物資料館

ドンコが卵を産みました

最終更新日 [2012年5月6日]  

先日「ドンコのお見合い」でお知らせしたドンコのペアが産卵しました!

 

やったー☆

 

あとはふ化するまでオスがひれで卵に酸素を送ったり、死んでしまった卵をとりのぞいたりしてお世話をします。

そのあいだ、オスはほかの生きものが近づいてくると追い払って卵を守ります。

お父さん、心強いです。

 卵を守るオス

でも、ほかの生き物と同じようにペアのメスにも攻撃をするのです。

そこで、卵を産んでくれたメスはほかの水槽にお引越しです。

 

つかの間の同居でしたがほとんどケンカもせず、ドンコにしては、なかよしでした。

もしかすると、今シーズン中にもう一度卵を産んでくれるかも?!と期待が高まります。

 ドンコの卵

さて、卵を産んでくれた場所についてですが・・・・・・

お見合い(ペアリング)のときに産卵用のお部屋としてアーチ型に加工した鉢を水槽に入れていました。

しかし、そこにオスが縄張りをつくらず・・・・・・

結果、ちょっと変わった場所に卵をびっしり(推定10001500個)産みつけていました。

でも、ドンコがこの場所を選んだのならば、きっと無事にふ化することでしょう。

かわいい赤ちゃんのふ化が待ち遠しいです。

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615