熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  動物資料館  >  ヘビの脱皮

動物資料館

ヘビの脱皮

最終更新日 [2012年6月1日]  

朝、動物資料館に来ると、シナロアミルクヘビが脱皮の最中でした。

シナロアミルクヘビ 

 ミルクヘビの脱皮

 

脱皮が近づくとエサを食べなくなり、目が白っぽくにごって見えます。

シナロアミルクヘビは体の色が鮮やかなため、このときは体全体の色がくすんで見えます。

 

それから2日くらいで透明に戻ります。

そして、あまり動かなくなります。

 

いよいよ脱皮です。

 脱皮中のヘビ

 

ヘビやトカゲなどは全身がうろこでおおわれています。うろこはかたく、体の成長に合わせて伸びたりしません。そのため、繰り返し脱皮をするのです。

 

脱皮には全身つかることのできる水や、引っかかるきっかけとなる木が必要です。

 

 シマヘビ

先日脱皮したシマヘビ 顔に脱皮した皮が残っています。

 

動物資料館では脱皮した皮を展示しています。

ぜひ見に来てください★

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615