熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  動物資料館  >  資料館つれづれNo.6

動物資料館

資料館つれづれNo.6

最終更新日 [2019年2月8日]  

真冬にカブトムシが、クワガタが・・・

 

毎日寒くて乾燥した日が続いています。北国では「ホワイトアウトの危険に注意」などといったニュースが聞かれます。そんな1年中で一番寒いこの季節に、資料館では『真冬のカブトムシ・クワガタムシ展』が開催されています。

 

資料館の企画展示室に入ると、中央にたくさんのカブトムシやクワガタムシが目に飛び込んできます。20種類以上の虫たちがゆったりとした動きでゼリーを食べていたり、時には枝の下に潜り込んでいたり。世界最大級のカブトムシやクワガタムシが生きた姿ですぐ目の前で見ることができるのです。

 

1

ヘラクレスオオカブト

 

これらのカブトムシやクワガタムシは、細やかな温度管理をして飼育した結果、皆様に見ていただくことができるものです。

 

2

ネプチューンオオカブト

 

ヘラクレスオオカブトネプチューンオオカブト15 cm以上の大きさで、その長い角が力強さを感じさせてくれます。パラワンオオヒラタクワガタギラファノコギリクワガタ10 cm以上の黒々とした姿がかっこいい!!大人にも子どもにも大人気のはずですね。

 

3

ギラファノコギリクワガタ

 

また、週末には1345分から15分ほどのガイドも実施しています。ここではカブトムシやクワガタムシの面白生態などを聞くことができるので、いつもたくさんのお客様でにぎわっています。アクティオンゾウカブトの大きな幼虫を見ると、皆さんからは一様に「おおーっ」という声が。お子さんの手であれば両手を合わせなければ持つことができないほどの大きさです。実物のインパクトは凄いですね。

 

4

アクティオンゾウカブトの幼虫

 

『真冬のカブトムシ・クワガタムシ展』は、最初131日までの予定でしたが、大好評につき春休みが終わるまでの期間実施することになりました。『真冬から早春までのカブトムシ・クワガタムシ展』になりそうです。

 

☆★資料館・津田★☆

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671