熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  動物資料館  >  カメたちが冬眠から覚めました

動物資料館

カメたちが冬眠から覚めました

最終更新日 [2012年4月9日]  

今日は、ぽかぽか気持ちのいい日になりましたね。

暖かくなり、いろいろな動物たちが動きはじめる季節がやってきました。

 

よし池と桜 

 

先日、動物資料館のカメたちも冬眠から覚めました。

 

ミツユビハコガメ ヨツユビリクガメ

ミツユビハコガメ            ヨツユビリクガメ

 

カメやヘビなどの変温動物には、体温を一定に保つしくみがありません。

まわりの温度が上下すると体温も同じように上下します。

 

そのため日なたでからだを温めたり、日かげで涼んだりして体温を調節します。

 

寒い冬、気温が下がるとからだの動きがにぶくなります。

消化のはたらきが弱くなるなど、体内にも影響があります。

 

そこで、あらかじめ栄養をたくわえて、じっと冬が過ぎるのを待ちます。

 

 

動物資料館のカメたちは水槽で暮らしています。

そこで、冬眠のために枯葉を入れてもらいます。

水の中で暮らすスッポンとイシガメ、カミツキガメは水の中に枯葉を入れます。

深さ2030センチほど水を入れると、その中で冬眠します。

 

そうです、水の中で冬眠するのです。

からだの機能が低下していて脈拍数や呼吸数が減っていることや、皮膚呼吸できることで長い時間を水中で過ごすことができるのです。

 

 イシガメ  スッポン

 イシガメ                 スッポン

 

のんびり見えるカメたちも、こうして暮らしに目を向けるとまた違った一面に出会えますね。

動物資料館にはそんな発見がつまっています。

ぜひ遊びに来てください。

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615